慰安旅行で陥りやすい3つの罠

慰安旅行は毎日の仕事や生活でたまったストレスを発散することのできる絶好のチャンスです。これがあるから毎日の仕事をがんばることができる!そんな方もいらっしゃるのではありませんか?

そんな、とても楽しみな慰安旅行ですが、さまざまなトラブルが発生してしまうことがあります。せっかくの慰安旅行なのに、トラブルが続けば楽しい気分が台無しです。深刻なトラブルになると、旅行自体が成立しなくなってしまうかもしれません。
このように、慰安旅行にはさまざまなトラブルなどの「罠」があります。そこで、ここでは慰安旅行で陥りやすい3つの罠をご紹介します。ここに注意すれば、慰安旅行でのトラブルを避けることができるでしょう。

大人数で入れない施設なども多い!

狭い店内は人数が入らない
職場の慰安旅行になると、それなりの人数になります。場合によって数十人以上となるケースもあります。そこにも罠が潜んでいます。
観光スポットの施設や温泉の中には、大人数での利用ができないところも多いのです。観光ガイドやウェブサイトなどには特に記載されていなくても、現地に到着する想像していたより施設の規模が小さく、全員で利用することができない…なんてケースもあります。
そこで、旅行のプランを立てる段階で利用する予定の施設、温泉などが団体客・大人数での利用に対応しているのかを確認しておきましょう。通常は予約する必要のない施設などであっても、人数が多い場合は事前申し込みが必要なケースもありますのでチェックしておきましょう。

人気の旅館や観光スポットは早期に予約

早めの予約をスマホから
観光のハイシーズンになると、人気の高い温泉旅館や観光スポットはすぐに予約で一杯になってしまいます。
なので、慰安旅行が決まったらできるだけ早くプランを立てて早期に予約を入れるようにしましょう。交通機関などは早めに予約することによって、割引などが適用されることもありますので、コストの面でもお得です。

スケジュールには余裕を!時間が間に合わないと旅が台無しに!

スケジュールのイメージ画像
せっかくの旅行だからと、予定を詰め込みすぎてしまうなんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?しかし、あまりにタイトな余裕を立てると、時間が間に合わず旅行を台無しにしてしまうことになるかもしれません。そこで、できるだけスケジュールにはある程度の余裕を持たせるようにしましょう。

このように、慰安旅行にはいくつもの罠があります。これを頭に入れてプランを立てれば、楽しい旅行にすることができるでしょう。

番外編

上司によっては色を好む人が多くいます。
そういった中で慰安旅行時に風俗街へ繰り出すこともしばしばあると思いますが、宴会でも色を持ち込むことは可能です。
それがスーパーコンパニオンというものです。素人が呼ぶと失敗する場合が多いので、素直に業者に頼むのが失敗しないコツです。

当社でもひいきにしているサイトが以下です。
スーパーコンパニオンなら宴会コンパニオン旅行

オススメなので是非使ってみてください。